お子様がいる家庭で今話題になっている「ひらめき生ゼリーmanabees」ですが、使用されている成分はどのようなもか気になりますよね?

 

子供にとって安全なの?

本当に集中サポートしてくれる成分なの?

一般的に認知されている成分なの?

 

などなど・・・。

 

このページでは、manabees(マナビーズ)の成分にスポットを当てて詳しく書いています。

 

これからmanabees(マナビーズ)を使い始める方も、今まさに試している最中という方もぜひ参考にしてみてください。

 

manabees(マナビーズ)の成分

有機アガベシロップ(メキシコ製造)、大豆レシチン抽出物、赤ブドウ果汁、ブラックカラント果汁、こんにゃく粉、マンゴー葉乾燥エキス、亜鉛含有酵母/香料、ゲル化剤(増粘多糖類)、V.C、クエン酸Na、甘味料(ステビア)、クエン酸、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、硫酸Mg、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12(一部に大豆を含む)

 

上記がmanabees(マナビーズ)の成分です。

 

その他商品についての詳細としては、

内容量:300g 10g*30包

価格: 税別7980円

賞味期限:製造から1年(箱に記載)

保存方法:直射日光・高温を避けて保管

 

このようになっています。

 

manabees(マナビーズ)の成分の効果ってどんな感じ?

manabees(マナビーズ)の成分には、なかなか食事では摂れないようなビタミンなどが使われているのがいい感じです。

 

一般的な大人用サプリでも人気のある成分が配合されている他、今注目されている成分が使われているのがmanabees(マナビーズ)の特徴です。

 

ザイナマイト

ザイナマイトはカフェインに代わると言われている成分。簡単に説明させていただくと、カフェインのデメリット的な部分が少なく、メリットである集中効果などを得られるという成分です。

 

原材料名にはザイナマイトと記載ありませんが、マンゴー葉乾燥エキスというのがザイナマイトです。

 

集中といったらカフェイン・・・。というのは一般的な常識ですが、子供にカフェインはダメっていうイメージがある方も多いハズ。だけどザイナマイトなら、カフェインのデメリットがほとんどなく、集中効果のいい部分だけ取り入れてるので安心して使うことができます。

 

ザイナマイトはカフェインが苦手な大人からも注目されている、今話題の成分です。

 

アガベシロップ

アガベシロップは天然の甘味料です。

 

一般的な子供向けサプリや健康食品は、食べやすいように砂糖たっぷりで味付けしてあるものがほとんど。

 

子供の健康面に配慮したmanabees(マナビーズ)は、甘味料にもこだわっています。

 

アガベシロップは「砂糖より甘いのに血糖値の上昇しやすさが低い」という特徴があります。美味しさを追求するだけのサプリとは違い、健康面にも配慮した甘味料です。

 

PS(ホスファチジルセリン)

集中力のサプリと検索すると必ずといっていいほどPSが挙げられます。

 

ホスファチジルセリンは落ち着きがなかったり集中できない人の救世主サプリとして愛用されています。アメリカでは研究も進んでいて、その効果には特に期待されています。

 

精神的ストレスを緩和して集中力を高めたり、基本的な学習能力の向上などを促進してくれると言われている成分です。

 

manabees(マナビーズ)は安全に作られているの?

manabees(マナビーズ)の製造工場はFSSC認証という厳しい国際規格で認証された工場で製造されています。

 

近年サプリの需要が高まるあまり、衛生面に不安を抱えたまま製造する工場もある中、manabees(マナビーズ)は製造過程にもこだわっています。

 

子供が直接食べるものだからこそ、原材料から製造まで信頼できるルートで手元に届けてほしいですよね。

 

また栄養成分については栄養士監修なので、健康被害にも最大限考慮しています。

 

manabees(マナビーズ)の成分まとめ

manabees(マナビーズ)にはザイナマイト、アガベシロップ、PS(ホスファチジルセリン)という健康面に配慮しつつ集中サポートできる成分が使用されています。もちろん副作用などの心配もなく使用し続けることができます。

 

製造面でも貴重な成分を十分に活かせるよう、安全品質の認証を受けた工場で製造されています。

 

集中力サポートだけでなく、食事の欧米化により必要な栄養素が足りない子どもたちにはぜひ食べさせてあげたいサプリです!